2012年10月07日

2012年後期青山学院MBAの教科書200番台科目その2(ビジネスと国際環境、統計分析U、オペレーションズ・リサーチ、プレゼンテーション・スキル、財務諸表入門、イングリッシュ・コミュニケーション)

必ずシラバスで確認して下さい。
ビジネスと国際環境:高橋文郎先生、中田宏先生
指定教科書


指定参考書なし
統計分析U:森田充先生
指定教科書なし
(参考書)






オペレーションズ・リサーチ:杉山学先生指定教科書

指定参考書なし
プレゼンテーション・スキル:名児耶冨美子先生
指定教科書

(指定参考書)


プレゼンテーション・スキル:清水絹代先生
指定教科書 註 版と言語違いあり


指定参考書なし
財務諸表入門:市野初芳先生
註 教科書・参考書とも最新版を掲載(10月時点)
指定教科書


イングリッシュ・コミュニケーション:山下奈壽美先生
註 バージョンを確認してください



posted by kokunai_MBA at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

2012年後期 青山学院MBAの教科書100番台科目その1

100番代の科目

○経営戦略基礎:澤田直宏先生

指定教科書なし

(参考書)




下巻は指定されていませんが参考まで掲載します。




○ファイナンス基礎:中里宗敬先生

指定教科書



(参考書)



○ファイナンス基礎:武田澄広先生

指定教科書




(参考書)



下巻は指定されていませんが参考まで掲載します。


○マーケティング基礎:宮副賢司先生

指定教科書なし



(参考書)




http://mba-shoten.seesaa.net/

posted by kokunai_MBA at 12:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

リーマンブラザース破綻:アメリカ金融危機

アメリカで4番目の規模のリーマンブラザース証券が破綻のニュースは、あっという間に世界中の金融市場を混乱させました。

サブプライム問題に端を発したアメリカ金融危機も、底なしの様相ですね。AIGの政府救済で若干は収まるとは思いますが。

さて、若干MBAチックな随想を記します。

リーマンブラザース破綻の原因、サブプライム問題の本質は、おそらくかつてのLTCMの破綻と同様の問題と推測いたします。
アメリカは世界一のレベルの金融工学の研究機関を擁する国です。その国の秀才たちが作り上げたサブプライムローン商品。金融商品は詰まるところ、リスクとリターンの評価ですよね。危ない借り手には高い金利、安全な借り手には低い金利、この金融の原則を秀才たちが証券化の手法でリスク分散させることで普通の相対貸し借りに比較してバンバン貸し付けが可能な住宅ローン商品が出来た、こういうものと推察しております。
さて、秀才たちの作ったローンがなぜ失敗したのか、という点です。
そもそも、金融工学は、ローンが焦げ付くリスクを数値化します。非常に緻密な数学的手法を用います。
さて、金融工学の数式は正しいものとして、現実に失敗したのはなぜか、金融工学の数式には、そもそもリスク算出にあたっての前提条件が間違っている確率を織り込んでないからではないでしょうか。

かつてのLTCMはロシアのカントリーリスクを織り込むことに失敗し破綻しました。
今時のサブプライム問題は、サブプライムローン商品には、住宅バブルの崩壊するリスクを織り込ん
でいなかったからではないでしょうか。

ではなぜそれに気付かずバブルを膨らませつづけてしまったのでしょうか。
それは、アメリカの行き過ぎた株主資本主義のためと思います。
アメリカでは、会社は株主のもの、というのが常識とされています。株主の発言権が強いので、多くの社長は、株主により多く配当できるように日々仕事をしています。多くの株主は、短期的な利益を重視するからです。
日本では、会社は経営者と従業員のもの、というのが多数意見です。多くの社長は、会社を存続、成長させることを第一に日々仕事をしています。日本では歴史的に企業集団の株式持ち合いの状態にあり、短期的利益を重視する株主が少なかったからです。

アメリカ企業は、株主が短期的利益を指向する以上、経営者もそのように行動し、短期の業績で社長から社員まで多額の報奨金で仕事に駆り立てました。きっと各社員は「いつかバブルが崩壊する」という予測はしていたでしょう。しかし、短期の業績で給与が決まるのでは、先の見通しなどは目先の業績には関係がありませんから、目先のローン商品を売り続け、高給を稼ぎだしていたのでしょう。

日本のバブルは、銀行の行き過ぎた出世競争が、土地担保での無理な貸出拡大を引き起こし、それによる実需を超えた土地高騰が起こったのだと思っています。それでは日本の銀行の出世競争はどうして行き過ぎてしまったのか、それは年功序列制度を時代遅れと評価し、業績に基づく実力主義を取り入れる銀行が増えてきたからではないでしょうか。日常の仕事ぶりではなく、貸出実績や預金実績で人事評価し、出世競争させたからでしょう。

短期的利益指向は、結局のところバブルと破綻をもたらすものと思います。
かつての日本的経営の特徴、年功序列と終身雇用、株式持ち合いは、長期的利益の最大化を指向する上では誠に理にかなったものだったのです。

もちろん、日本的経営にも欠点はあります。アメリカ的経営にも良い点もあります。
問題なのは、アメリカ的な短期業績重視、株主重視の経営方針をさも良いもののように評価し紹介する人たち(外資コンサル等)と、それを鵜呑みにする人たち(不勉強なマスコミや政治家)です。
そして、日本の株式持合い制や、長期的な信頼に基づく仕入制度(問屋の存在)を批判して変えさせたのはどこの誰だったでしょうか。

いずれにしても今回のニュースが、日本的経営を再評価するきっかけとなることを望んでやみません。



posted by kokunai_MBA at 12:24| Comment(42) | TrackBack(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

エンゼルバンク:ドラゴン桜外伝

自分が最近気に入っているマンガが「エンゼルバンク:ドラゴン桜外伝」!

http://www.e-1day.jp/morning/manga/angelbank.html

転職を検討する人もしない人も読むべきと思っています。

最新号では、転職代理人がサル山の前で東大卒のコンサル転職志望者を「サル山のサル」と揶揄しています。

「単純に転職でキャリアアップと考える輩は、人間の作った動物園のサル山でボスを目指すサルに等しい。それよりも自分がサル山を設計する役割を目指すのが自分の生き方だ。」というメッセージなんでしょうかね。
来週号まで答えがわかりませんが、MBAを取ることの目的を考える上でも含意のあるハナシであります。ぜひご一読を!


posted by kokunai_MBA at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

MBA流の商店街再生

こんにちは。

ヤフーブログで、MBA流の商店街再生を提案しています。
よかったら見てくださいなm(__)m

http://blogs.yahoo.co.jp/chibamiryokusaihakken
posted by kokunai_MBA at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

国内MBAの夏休み♪

国内MBAにも夏休みはあります。普通の学部生とほぼ一緒で、7月後半に前期の試験&レポート提出が終われば、9月の秋学期開始までは夏休みです。
しかしながら、青学MBAの場合、夏期セメスターというものがあります。これは、お盆前の1週間、毎日授業を受けるもので、1週間で単位が取得できるというものです。午前に1科目、午後に1科目取れるハズで、1週間で最大8単位ゲットできるというものです。これは、まあ夏期講習みたいなもんで、僕の場合会社は夏休みを1週間とってずっと学校漬けでしたね。真夏に朝から学校行くってのは新鮮な体験で、楽しかったですね。同級生は会社を半休して、午前又は午後の授業だけ受講するパターンが多かったです。

また、青学MBAの売りのひとつ、マネジメントゲームを受講していると、夏休みは事実上ありません。マネジメントゲームとは、カーネギーメロン大のMBAコースと共同のコースで、架空の会社を経営するシミュレーションなのですが、これがゲームという言葉から想像されるような内容ではなく、限りなく通常の仕事に近いというか、通常の仕事よりキメ細かく進めなければならない仕事を要求されるのです。ということで、このコースの受講者は、夏休み期間中も平均睡眠時間3〜5時間で取り組んでたそうです。おそらく今年も相当数の学生がチャレンジしていることでしょう。ガンバレ!


ウインドミル飯野の国内MBA無敵の合格戦略 飯野 一ウインドミル飯野の国内MBA無敵の合格戦略
飯野 一
中央経済社 2005/06

アマゾンで詳細を見る
powered by アフィリエイトの達人
posted by kokunai_MBA at 06:48| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

GSIM(青学MBA)募集要項販売中

GSIMこと青学MBAの2006年度募集要項の
販売が始まってますね。

以下はオフィシャルHPから、


■■2006年度 国際マネジメント研究科入試 募集要項入手方法■■
 国際マネジメント研究科の募集要項は青山学院大学専門職大学院事務室で取扱っ
ております。(5号館1階)
 2005年5月28日(土)より配布

郵送希望の場合 郵送ご希望者は、要項代 1,300円(送料込み)分の郵便定額小
為替を同封し、「国際マネジメント研究科MBAプログラム募集要項」と明記し、
お名前・ご住所・電話番号および入試種別(Full-Time A、Full-Time
B、Flex-Time、の別)をお書きの上、封書にてお申し込みください。

申込先:
〒150−8366
東京都渋谷区渋谷4−4−25
青山学院大学専門職大学院事務室
国際マネジメント研究科入試係


「日本版」MBA取得サクセスガイド 森 宏之「日本版」MBA取得サクセスガイド
森 宏之
中央経済社 2002/07
売上順位:52,386
定価:¥ 1,890
アマゾン価格:¥ 1,890
中古価格:¥830
このページは在庫状況に応じて更新されますので、購入をお考えの方は定期的にご覧ください。
Rating: 4/5
サマリー
日本版MBA取得者へ捧げる

アマゾンで詳細を見る
posted by kokunai_MBA at 08:27| Comment(5) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

「DAWN」(ビッグコミックスピリッツ連載中)

ビッグコミックスピリッツ連載中のDAWN第34話の中、
主人公を紹介する場面で
「アメリカの名門ハーバード大学に留学・・・・・
そこで在学中にMBA(経営管理学修士)を取得し、
アメリカの超一流投資銀行「ルビンシュタイン証券」に入社・・・・」
というセリフがあります。

んーー、大学在学中にMBAを取得かぁーー!
そぉーりゃー相当な裏技でも使わないと無理だろうなー。って思いますが、
よくこの手のMBAに関する勘違いは多いですよねー。
資格じゃなくてあくまで修士号なんですからねー。

とはいえ、このDAWNというコミック、とりあえず経済、経営に関しては、
それほどトンデモな内容でもなく、なかなか楽しめます。
これで勉強って訳にはいかないですけどねー。

しっかしコレも、MBA修了して、マンガを読む時間のできた今だから
感じられることですねー。
posted by kokunai_MBA at 11:12| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

仕事を楽しむこと

GSIMこと青学MBAの看板教授となりつつある我らが吉田先生の
新刊をご紹介します。

ジョイ・オブ・ワーク~組織再生のマネジメント 吉田 耕作ジョイ・オブ・ワーク~組織再生のマネジメント
吉田 耕作
日経BP社 2005/04/07
定価:¥ 2,520
アマゾン価格:¥ 2,520



吉田先生は非常に学生の面倒見のよい先生で、
QCサークルで有名なデミング教授の愛弟子という
経歴を持つ方です。
職場の活性化に関して、興味深い独自の理論を
分かりやすく展開されています。
ぜひご一読を。

posted by kokunai_MBA at 07:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

MBA入学前の予習のススメ

さて、ビジネススクールに入学する前に、ある程度の経営に関する理論の基礎知識を身に着けておくことは重要です。入試の際に必要となるのは勿論、入学してからも読書量が多いことは予復習が非常に楽になるし、授業の理解度も高くなり、授業中に鋭い発言をすることも可能となり、クラスで一目置かれる存在になれる可能性が高くなります(^^)
このクラスで一目置かれる存在ってのはビジネススクールでは非常に重要です。何しろ人脈を増やす格好の機会の中に居るわけですから、ただ漫然と授業に出て単位を取るだけでは大変もったいないです。

で、経営学の基本を身に付けるには、日経文庫の経営学入門シリーズがオススメです。日本の有名教授が執筆したもので、要点がまとまっているし、なにより小型軽量で通勤電車の中でも読みやすい。とりあえず2冊ほど挙げておきます。この経営学入門の下巻には、推奨図書リストがついていてなかなか便利です。


経営学入門 上  日経文庫 853 榊原 清則経営学入門 上 日経文庫 853
榊原 清則
日本経済新聞社 2002/04

アマゾンで詳細を見る

経営学入門 下  日経文庫 854 榊原 清則経営学入門 下 日経文庫 854
榊原 清則
日本経済新聞社 2002/04

アマゾンで詳細を見る


また、

ゼミナール 経営学入門 ゼミナールシリーズ 伊丹 敬之ゼミナール 経営学入門 ゼミナールシリーズ
伊丹 敬之
日本経済新聞社 2003/02

アマゾンで詳細を見る



これなんかも有名どころで、著者の独自のカラーが強いものの、必要な理論が網羅されていて辞書代わりに有用でした。

ほかにもたくさん推奨図書はありますが、とりあえず今日のところは入門の本をご紹介しました。


posted by kokunai_MBA at 09:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。